将来性や成果物を重視!初心者におすすめなプログラミング言語4選

プログラミング
この記事は約19分で読めます。
スポンサーリンク

プログラミングを始めようとは思ったけど、どの言語を勉強したらいいかわからない

おすすめされている内容自体が理解できない

これらは、プログラミング初心者が良く陥る悩みです。

くま
くま

誰しも最初はそうでした。。

今回はそんなプログラミング初心者に対しておすすめな言語

  • どんなものが作れるようになるか
  • おすすめポイント
  • 独学の難易度と勉強法

の3点に注目して紹介したいと思います。

自分に合ったプログラミング言語を見つけて、学習を始める準備をしましょう!

この記事のポイント

初心者におすすめなプログラミング言語が、やりたいことや勉強の難易度から知ることができる

初心者におすすめする判断基準

まず初めに、初心者がこれから学ぶプログラミング言語を学ぶ際に考慮する点・また私がおすすめのプログラミング言語を選ぶ際に判断基準とした点について説明します。

将来やりたい仕事のベースとなるか

一つ目は、学ぶプログラミング言語が将来やりたいことにあっているかということ。

プログラミング言語はとても種類が多く、現在200種類以上もあるといわれています。

さらに、プログラミング言語それぞれに得意な分野や長所・短所があります。

例えば以下の表のように、分野に対して現在使われているプログラミング言語はほぼ決まっています。

やりたいこと使われている言語
webサイトの作成javascriptやPHP
人工知能の開発Python
iPhoneアプリの開発Swift

この表はほんの一例ですが、自分のやりたいことが大まかに決まっている場合はその分野で生かされる言語か、似ている言語を勉強することがおすすめ。

やりたいことを習得する時間の短縮になりますし、その分野に対しての知識も深まります。

入門書やネット情報が豊富か

プログラミング学習を独学で行う予定の人はもちろん、学校に通って習得する人も入門書やネット情報が豊富化というのはとても大事。

なぜならば、わからないことを調べて勉強する・開発を進めるのがプログラミングだからです。

プログラミング言語を習得した人はスラスラと開発をしていくイメージがあると思いますが、それは少し違うんです。

基礎的なことがわかっていても、処理が複雑になって理解に時間がかかったりエラーが出るというのはよくあること。

そんな時に、調べたい情報が簡単に手に入るかということは勉強や開発の効率に直結します。

初心者さん特に勉強中につまづくことも多いと思います。
したがって、調べてすぐに日本語の解説や例文が見つかるような有名な言語がおすすめというわけです。

くま
くま

「自分で調べる力」が養われるのもプログラミング学習のいいところだよ

コードになれるならHTML&CSSがおすすめ

HTML&CSSというのはwebページを作るために必要な言語。

現在インターネット上にあるwebページのほとんどすべてがこの言語を利用しているといってもいいくらい、webページを作るにはかかせない言語です。

しかし、HTML&CSSはプログラミング言語ではありません

マークアップ言語といって、「webページを作るにはこういうルールで書きましょう」といったようなイメージです。

プログラミング言語ではありませんが、HTML&CSSはプログラミング言語と共通する特徴がいくつかあります。

  • コードで書く
  • 書き方が決まっている
  • 学ぶことでコンテンツが作れる(webページ)
  • 現在たくさん使われている(webには必須)

さらに、HTML&CSSは比較的簡単に習得が可能。インターネットに無料の講座や動画もたくさんあり、独学にも向いています。

実際に、HTML&CSSを学ぶ → webに必要なプログラミング言語を学ぶ
というステップを踏むことで、web制作のエンジニアとして仕事ができるようになれるでしょう。

  • とりあえずスキルを身につけたい
  • プログラミング言語を学びたいけど敷居が高い
  • 独学で学びたい

という方はHTML&CSSの勉強から取り組んでいくことをおすすめします。

現在、TechAcademyというオンライン学習サービスでHTML&CSS,javascriptというweb制作に必須のスキル・プログラミング言語を学べるコースが無料で受講できます。

web系の開発をしたいと考えている方はぜひ利用してみてください

初心者におすすめのプログラミング言語

ここからは実際に初心者さんにおすすめなプログラミング言語について紹介していきます。

それぞれ

  • どんなものが作れるようになるか
  • おすすめポイント
  • 独学の難易度と勉強法

について触れているので、参考にしてください。

javascript

どんなものが作れるようになるか

javascriptは主にwebサイトやそのシステムなどで使われる言語。

javascriptというプログラミング言語と,webページを構成するHTML&CSSを組み合わせることでwebページをシステマチックに作ることが可能になります。

システマチックとはどういうことかというと、

  • データ通信の処理
  • クリックやスクロールの検出
  • データに応じて処理を変える
  • 綺麗なアニメーション

などをwebページに加えることができるようになります。

現在目にするwebページの多くはHTML&CSSとjavasacriptの組み合わせで作られており、将来的な有益性や知名度なども抜群
初心者さんにおすすめしたいプログラミング言語となりました。

おすすめポイント

javascriptはweb系でよく使われますが、基本的なプログラミング言語としての一面も持っています。

初心者がjavascriptの基本的な文法(ルール)を身につけられれば、他の言語も読めるようになったり役に立つ場面は多いです。

また、たくさんの人がjavascriptを使って拡張機能(ライブラリ)を作っています。

くま
くま

javascriptで○○をする機能をまとめたよ!
誰でも使ってくれ!って感じ

ライブラリを利用すると少ない労力で高度なプログラミングを実装することができるので、自分のやりたいことを実現しやすいといえます。

独学の難易度と勉強法

javascriptは全くプログラミングをしたことのない初心者にとっては少し難しいかもしれません。
といってもほかのプログラミング言語をあげても「簡単だ!」といえるものは無いので初めの言語として勉強するのは全然OK

また、入門書やネットの情報も豊富なので勉強する方法で困ることはないです。

基本的な入門書を1冊やり、その後具体的な作りたいものを勉強しましょう。

こちらの入門向け参考書は初心者に優しく丁寧に解説してあると評判で、ぶっちぎりでおすすめな本です。

web制作をやりたい方は、そのあとにこのような本で勉強しましょう。

HTML&CSS,javascriptが一気に学べてお得です。

オンライン学習サービスであるprogateTechAcademyの無料コースを利用するのも賢い方法です。

参考書を開かなくていいので移動中など少しの時間で見直すことができますし、ネット上でさくさくと学習を進めることができます。

progateは無料コース以外は月額1000円ほど、TechAcademyは有料登録するとガッツリ学べるスクールなので無料コースで吟味して決めてください

Python

どんなものが作れるようになるか

Pythonを利用することで主に

  • 人工知能(AI)開発
  • webページのシステム開発

を行うことができます。

人工知能とは、プログラミングによって大量のデータを処理することで判別機を作るイメージです。

「りんごの画像を判断する人工知能」を例にしましょう。

  • 大量のりんごの画像を処理してりんごの特徴を覚える
  • 大量のりんご以外の画像を処理して似たものとの差を覚える
  • 覚えて作った「りんごの判別機」を使って判別する

人工知能を作るにはいろいろな手法がありますが、ほとんどの手法でPythonが使われています

これからの時代、需要がさらに高まっていく将来性のある言語といえるでしょう。

くま
くま

筆者のメインとしているプログラミング言語もPythonです

また、YoutubeやInstagramなどの有名なサービスはPythonで作られたシステムで動いています。

Pythonでは人工知能を生かしたwebサービスを作ることが可能ということもあり、海外ではwebでpythonが使われることも増えているそうです。

おすすめポイント

Pythonはほかの言語に比べて簡単に書くことが可能です。

今まで開発されてきたいろいろなプログラミング言語のいいとこどりといった感じでしょうか。

具体的には変数の宣言やクラス、データの参照方法などが挙げられます。(詳しいのは割愛)

また、javascriptと同じようにたくさんの方がライブラリを作っていて利用が可能。

基礎を覚えた後なら、自分で人工知能を作ることも結構簡単にできちゃいます。

他にも

  • 簡単なゲーム
  • デスクトップソフト
  • 業務効率化

など、できることがたくさんで勉強のモチベーションも維持しやすいです。

簡単な文法と大きな将来性から、初心者さんにおすすめのプログラミング言語となりました。

ただ、学校やスクールでガッツリと勉強しないと実際に仕事にするには難しいかもしれません。その分大手企業などでも重宝されるスキルを身につけることができると思います。

独学の難易度と勉強法

Pythonでは細かい文法が省かれているので勉強自体は簡単なほうではあると思います。

しかし、できることが多い反面すべてを理解しようとするととてつもない時間がかかります。

基本的な文法を覚えた後は自分のやりたい分野に特化して勉強していけばよいでしょう。

インターネットの情報やオンライン講座はjavascriptに比べると少ないですが、十分にあるので調べたり勉強する材料には困りません。

おすすめの入門書はこちら。Amazonのベストセラーになった、初心者さんにぴったりな内容です。

安定の「ふりがなプログラミング」もPython版があります。

C#

どんなものが作れるようになるか

C#はこれからプログラミング学習を始める初心者さんみんなにおすすめというわけではありません

逆に、ゲーム開発をしたい初心者さんにはとてもおすすめです。

C#を使うと

  • PCゲーム
  • androidゲーム
  • iphoneゲーム
  • VR/ARコンテンツ
  • モーションセンサ読み取り

など、ゲームやコンテンツを簡単に作ることができるようになります。

これは、有名なゲーム制作エンジン「Unity」に対応しているプログラミング言語がC#だけだからです。

Unityを使って作成されたゲームやアプリで収益を上げている会社があるほどクオリティの高いゲーム制作エンジンなんですが、無料で利用できて初心者でも簡単に操作が可能。

将来ゲーム開発を仕事にしたい人なら、C#を学んでどんどんオリジナルゲームを作成していきましょう。

おすすめポイント

C#のおすすめポイントはUnityを使ったゲーム制作にすぐに取り組むことができ、初心者でも成果物を作成しやすいという点が挙げられます。

自分のオリジナルゲームが本当に動いているのを見るのはとても楽しく、達成感が味わえて学習意欲も向上します。

くま
くま

Unityができると作れるものの幅がぐっと広がって楽しいよ

また、ゲーム開発をしながら勉強をしていくことで就職の際に「過去にこのようなゲームを作りました」と企業に提示することが可能です。

さらに自分で作成したゲームに広告を張り付けて収益化することもできるので、ヒットすればお金持ちになれるかもしれせん!

独学の難易度と勉強法

C#を勉強する際もこれまであげたプログラミング言語と同様に、

  • 基本的な文法の入門書
  • 作りたいものの参考書

という順番で進むのが良いです。
ただ、この二つが一緒になっている参考書もあるのですぐにゲームを作ってみたい人はそちらもおすすめ。

C#に関しては基礎をしっかり固めるというよりどんどんコンテンツを作成していったほうがプログラミングスキルが身につくともいえるでしょう。

Unityはとてもメジャーなものなので、インターネットの情報や参考書も豊富です。

ある程度C#になれたら、Unityでのゲーム開発をより詳しく学んでいきましょう。

下記の「ひよこ」シリーズはUnityの入門書として長年評価が高く、何度も改訂されて出版されているとてもおすすめの本です。

Unityでのゲーム開発を始める入門書にぴったりといえます。

まとめ

初心者におすすめなプログラミング言語について、経験を踏まえながら紹介しました。

まとめると、以下のようになります。

言語名使われる場面おすすめポイント
HTML&CSSwebページwebページには必須スキル
すぐにwebページが作れる
プログラミング言語の記述に慣れられる
javascriptweb制作
通信
webには必須スキル
webページに機能が付けられる
基本的な言語で幅も広い
Python人工知能
webシステム
作業の自動化
近年需要が急上昇
人工知能開発には必須
簡単な文法
C#
ゲーム開発
Unityですぐにゲーム開発が可能
Untyを使うには必須
成果物がどんどんできる

自分のやりたいことが決まっている人なら、その分野に適したプログラミング言語を最初から選んで勉強するのがおすすめです。

まだ何も決まっておらず、ぼんやりと考えている方はとりあえずHTML&CSSの基礎を試してみるのがよいでしょう。
実際にコードを書いてものを作る感覚や、コードで記述する感覚を体験するという意味で非常に有益です。

自分の学びたいプログラミング言語を見つけたらさっそく勉強に取り掛かりましょう!

皆さんの学習を応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました