コーヒー初心者は何から始めるの?初心者が趣味にする流れを提案

コーヒー
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒー初心者の皆さんこんにちは!

今回は、

  • コーヒーを趣味にしたいけど何から始めればいいかわからない
  • 必要な器具がわからない

という方向けに、僭越ながらコーヒーを趣味にする流れを提案させていただきます!

学生さん向けにお金がかからない方法も紹介するので是非参考にしてみてください!

この記事はこんな方におすすめ

コーヒーを趣味にしたいけど何から始めればいいかわからない

初心者はハンドドリップから始めよう

何からすればいいかわからない初心者がまず決めるべきことは、「自分がどういう淹れ方でコーヒーを淹れるか」ということ。

コーヒーを趣味にすると言っても

  • インスタント
  • ハンドドリップ
  • コーヒーメーカー
  • エスプレッソマシン
  • ラテアート

など様々な方法があり、それによって必要な器具が変わってくるからです。

しかし今回は特に「普段からコーヒーが好きだから、ちょっとこだわってみたい」という方を対象に考えます。

そんな方にで私がおすすめするのは「ハンドドリップを始める」こと!

なぜならばハンドドリップを始めることで

  • コーヒー豆からいろいろな種類を選ぶ
  • 豆の挽き方を調節する
  • 好きなドリッパーを知る
  • 好きなお湯の温度や淹れ方を知る

と、ハンドドリップ一つでもとても奥深いから。

また、こだわりが強いというだけではありません。

  • ハンドドリップはおしゃれ
  • 器具もおしゃれ
  • 友達に作ってあげると美味しいとほめてくれる
  • 何かプロっぽい雰囲気

と、「ハンドドリップをしている」ということがもはやおしゃれ。ほかの人にも自慢したくなるような華やかな趣味だからなんです!

お休みの日にのんびりと淹れるコーヒーや、ちょっと奮発して買った高級なコーヒー豆。恋人のために張り切って作るコーヒー、お祝いのケーキと一緒に淹れるコーヒー、、

ハンドドリップを始めると、あなたの時間がすこし華やかになりませんか?

コーヒーメーカーもいいですが、ハンドドリップの緩やかな時間やコーヒーの香り、あたたかさはとても良いものです。私がハンドドリップをお勧めする理由が少しお判りいただけたでしょうか?

さらに、学生さんなど金銭面に余裕がない人も大丈夫。ハンドドリップの、必要な器具が比較的安価に手に入るという特徴もおすすめの理由。

さぁみなさん、もうハンドドリップを始めない理由はありませんよね?

何から始めればいいかわからない初心者はハンドドリップを始めよう

コーヒー初心者はまずは器具から揃えよう

ハンドドリップを始めることにしたあなたがまずすることは、必要な器具を揃えることです。

ハンドドリップを始めるために最低限必要なものは

  • ドリッパー
  • フィルター
  • コーヒー豆
  • お湯を沸かす道具
  • マグカップ

だけです。

いきなり「あるとよい」コーヒー用品をそろえる必要はありません。徐々にそろえていけばいいんです。

ちなみに、あるとよいという器具は

  • ドリップケトル(慣れてきたら買おう)
  • サーバー(無い場合はマグカップで)
  • コーヒーミル(無い場合はお店で挽いてもらおう)
  • メジャースプーン(ドリッパーを買ってついてくるものも)
  • キャニスター(保存容器 タッパでOK)

などなどたくさんありますので、ハンドドリップを始めてみてから調べてみるとよいでしょう。

それぞれについて少し説明していきますね(おすすめ製品は後で紹介)

ドリッパー

ドリッパーは↑のような器具。見かけたことがあるのではないでしょうか?

ドリッパーにはいろいろな種類がありますが、500円以下で買えるものを選びましょう

あんまり張り切って高いものを買っても性能はそんなに変わりません。

詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

フィルター

フィルターはドリッパーにセットして使うもの。紙でできたペーパーフィルターが一般的ですし、初心者にもお勧めです。

フィルターは使うドリッパーによってサイズや形が変わるので、使うドリッパーを決めてから考えましょう。

コーヒー豆

当たり前ですがコーヒー豆は必須。

注意点として、コーヒー豆を挽く道具「コーヒーミル」を持っていない場合は既に挽いてある製品を買うかか、コーヒー豆を買うときに挽いてもらいましょう

専門店なら大体挽いてもらえます。どの粗さで挽くか聞かれたときは「ハンドドリップで使うんです」と伝えればオーケー。その豆でハンドドリップをするときにあった大きさに挽いてくれます。

コーヒーミルについてはこちらの記事をどうぞ。

お湯を沸かす道具

あるとよいのは細口のケトル。ハンドドリップでは普通のやかんのような大きな口ではお湯を一定にそそげずに不便です。

しかし、ケトルは数千円するのでとりあえずハンドドリップしてみたいという方はなくても大丈夫。僕も高校生の時はきゅうすに沸かしたお湯を入れて代用してました、笑

やかんや電気ケトルでもハンドドリップは可能です。ただ、コーヒーのおいしさや雰囲気を味わいたいなら揃えたいアイテムです。

鍋しかないという場合はちょっと厳しいです。

マグカップ

あとはコーヒーを飲むカップがあればOK。

最近では100円均一でもおしゃれなカップが売っていますし、自分のお気に入りのカップがある方はそちらで大丈夫。ホットコーヒーを淹れるので、耐熱性があるものにしてくださいね

ハンドドリップを始めるにはドリッパーとフィルター、コーヒー豆さえあれば日用品でOK

ハンドドリップを始めるためのお勧めセット

さぁ、これらのアイテムを安くそろえられるおすすめの製品を紹介します。

世のコーヒーアイテムメーカーさんは、初心者の方が始めやすいように複数の製品をセットにしてお得に売ってくれています。

このセットを活用しない手はないです!

どれを選ぶか迷ったときは、コーヒーグッズの有名メーカーである

  • カリタ
  • メリタ
  • ハリオ
  • コーノ

から選ぶと安心ですよ~

例えばこんなセット製品がありました!初心者さんはチェック!

1000円でドリッパー・フィルター・サーバー

↑の二つのセットは1000円で必要な器具はほとんどそろうすごいセット!!

メジャースプーンもついてくるのもいいですね。これさえあればあとは普段使いのケトルを使って、コーヒー豆を買えばハンドドリップできます。

1つ目がハリオのドリッパー、2つめがカリタのドリッパーなので円錐型ドリッパーと台形型ドリッパーそれぞれを試したいという方は二個買いもありですね。

初心者さんは気張らずに安いセットからとりくんでみましょう!

コーヒー豆を買おう

道具を買って準備ができたらコーヒー豆を買いに行きましょう!

おすすめなのはお店に行って挽いてもらうこと。しかしいきなりコーヒー専門店にいくのはハードルが高い、選ぶ基準がわからないという方も多いと思います。

そんな方にお勧めなのはコーヒーを通販で買うこと。

通販ではだいたい200gから売っていますが、10gで1杯(150ml)くらいという換算で計算しましょう。

スーパーなどでインスタントコーヒーのように挽いた豆が売っていますが、それを買うのはお勧めできません。

なぜならばハンドドリップの醍醐味は蒸らしで膨らむコーヒー豆とその香り

すでに挽いてパッケージ化されているものはコーヒー豆の中にあるガスが抜けてもこもこと膨らむ力が弱いです。膨らむのは見た目にも楽しいですが味にも影響するもの。

せっかくならお店や通販で豆の状態で売っているものを買って挽いてもらいましょう。

コーヒー豆は挽いた時点で劣化が進むので、注文してから挽いてくれるお店や通販の方が品質が良いです。

さらにスーパーなどのコーヒーはローグレードコーヒーなどと呼ばれる大量流通しているものが多いです。せっかくならちょっと良いコーヒーを飲みましょ!

どのコーヒー豆を選んだらいいかわからない人は、そのお店の人気ナンバーワンやオリジナルブレンドが安定していておすすめです。

私はこちらのコーヒー専門店の通販を推してます。笑 

COFFEE SOLDIERを見る

コーヒー豆の購入を検討している方は見てみてくださいね

ハンドドリップをしてみる!実際の淹れ方は?

実際の淹れ方を一気に紹介したいのですが、使うドリッパーによって淹れ方が異なるのでそれに合わせて紹介するのはちょっとみなさんも読みづらいと思います。

ということで各メーカーのドリッパーについての淹れ方を解説している記事があるのでこちらから参照ください。

一応基本的なハンドドリップの手順を書いておきます。

  1. お湯を沸かす
  2. マグカップやサーバーを温めておく
  3. フィルターをドリッパーにセット
  4. ドリッパーをサーバー(カップ)にセット
  5. 挽いたコーヒー豆を入れる
  6. お湯をコーヒー豆全体にかけて30秒ほど蒸らす
  7. 蒸らしたらドリッパーごとの淹れ方で。
    • お湯を一気に入れたり数回に分けたりとあります
  8. できたらコーヒーを少し攪拌
  9. 淹れたコーヒーを楽しもう!

まとめ

コーヒーを趣味にするためには何から始めればいいの?という初心者の方向けに、どういったものを用意すればいいのか、おすすめのセット、淹れ方について説明しました。

この記事のまとめです!コーヒー初心者さんはこれだけでも覚えて帰ってください!

まとめ

初心者にはハンドドリップがおすすめ

ドリッパー、フィルター、コーヒー豆を用意しよう

選んだドリッパーに適した淹れ方をしよう

コーヒーを楽しもう!

何から始めればいいかわからないという方も、今回の記事でいくらかイメージができたのではないでしょうか?

みなさんがコーヒーのハンドドリップを始めて、自分で淹れたおいしいコーヒーを楽しむ日が来ることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました