コーヒーミルの刃の素材で味は変わるの?違いと特徴をまとめた!

コーヒー
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーミルのスペックとしてほとんどの商品で記載されている「刃の素材」

よく目にするのはセラミックや金属製ですが刃の素材によってコーヒー豆にはどんな影響があるのでしょうか?

よって記事のテーマはこちら

コーヒーミルの刃の素材による違いを知る

コーヒーミルの刃の素材の違いを把握して、購入を検討する要素として活かしましょう。

ミルがコーヒーの味に影響する要素

コーヒーミルがコーヒー自体の味に一番影響するのは豆を均一に挽けるかどうか

豆の大きさが揃っていないと、同じ時間で抽出しても豆ごとにたくさん味が出る/あまり出ないと言ったばらつきが生まれてしまいます。

コーヒー豆を淹れる際には抽出の終わり際のコーヒー(でがらしみたいなもの)は苦みや渋みが出るので使わないのですが、豆の大きさが違うと同時に淹れても

  • ちょうどいい時間
  • すでにでがらし
  • まだ抽出始まりたて

とバラバラになって美味しいコーヒーを作れなくなるのです。

この豆を挽く均一さにも刃の素材は関わってくるのでコーヒーミルの重要な項目と言えますね。

コーヒーミルの挽く方式について

コーヒーミルの刃の素材に入る前に軽く挽き方の方式についておさらいします。

挽き方によって優れた刃の素材というのがあるので、簡単に知っておきましょう。

コーヒーミルの挽き方の方式を大別すると以下の三つがあります。

  • グラインド式
  • カッティング式
  • ミキサー式

簡単なイメージはこんな感じ↓

方式イメージ使われる場面
グラインド式臼のようにゴリゴリ削る
二枚の刃で挟む
手挽きに多い
家庭用
カッティング式たくさんの刃でカットする
二枚の刃で挟む
プロ仕様
家庭・業務用
ミキサー式フードプロセッサのように砕く
一枚の刃を回転
電動
家庭用・超安い

豆を挽くクオリティで言えば

カッティング式 ≧ グラインド式 > ミキサー式

となっています。

電動のグラインド式はクオリティが高いので手挽きか電動かにもよりますが、ミキサー式とその他には超えられない壁があります。

より詳しい解説は↓の記事でご紹介しているので参考に。

刃の素材の特徴

次に実際にコーヒーミルの刃には何の素材が使われているのか特徴とともに見ていきます。

金属の刃

昔から使われているのが金属。現在の方法では主にカッティング式やミキサー式、コーン式という方式で使われています。

※コーン式はグラインドとカッティングの中間みたいなイメージです

刃というだけあって金属を使うのは当たり前ですが、金属の刃を使うのにはメリットとデメリットがありました。

金属刃のメリット

メリットをあげるとこんな感じ。

  • 切れ味が良い
  • 加工しやすい素材である
  • 豆の粒度の均一化がしやすいものも
切れ味が良い

カッティング式などに使われている金属の刃。やはりカッティング方式をするためには切れ味に優れた素材が必要です。

今の所セラミックではそれほどの切れ味はないため、金属刃はカッティング方式に無くてはならないものとなっています。

お店などの業務用のコーヒーミルでよく使われているのがカッティング式なので金属刃の重要性がわかります

金属は加工しやすい

カッティング式の円盤にたくさんの刃がついた構造や、コーン式の円錐形の刃の形状など複雑な形を作るのに金属は都合が良いのです。

品質が良いものを作ろうとした時にもセラミックより機械的に作りやすいということがあげられます。

豆の粒度が均一化しやすいものもある

金属製はミキサー式・カッティング式・コーン式でよく使われていますが、カッティング式とコーン式では豆の粒度が均一化しやすいのが特徴。

電動コーヒーミルの特徴と言ってもいいのかもしれませんが、電動ミルに多く使われているのが金属製の刃なので結果的には同じかなと。

ミキサー式は方式自体が豆の粗さの調節が難しく、均一には挽けません。

前述しましたが金属の刃は業務用のコーヒーミルに多く使われており、均一に挽くことには優れていると言えます

金属刃のデメリット

  • 熱に弱い
  • 錆びる
  • 静電気が発生する
  • 刃こぼれする
  • 金属臭さ
熱に弱い

熱伝導性が高いので、電動コーヒーミルで刃を高速回転させると熱を生じさせやすいです。

熱によって刃が変形したりコーヒー豆に影響して味が悪くなったりするケースもあります

錆びる

金属の刃は錆びるため、水洗いができないです。

水洗いができないのはお手入れの手間が増えるということ。後述しますが静電気も発生するのでお手入れは結構苦痛だったりします。

静電気が発生する

金属は通電性が高いため静電気が発生しやすいです。

静電気が発生するとコーヒー豆を砕いた時に出る微粉がミルの色々なところに張り付いてしまいます

張り付いた微粉は除去しなければそのまま残って酸化(味の劣化)してしまいます

微粉が出る → 酸化する → 次に挽くコーヒー豆に混ざる

微粉が混ざるとコーヒー豆の味が落ちてしまうので注意が必要です。

除去はブラシを使って行いますが、水洗いできないことと相まって手間がかかります

刃こぼれする

金属の刃は消耗品です。

使っていくうちに錆びたり劣化して刃こぼれするので、セラミックより長い時間使えないと言えます。

金属くさい

買ったばかりのコーヒーミルや、刃の金属の錆びや劣化があると淹れたコーヒーに金属臭さを感じることもあるようです。

クオリティの高い製品やお手入れをしている製品ならば大丈夫かとは思います。

セラミックの刃

家庭用の安いものから幅広く使われている素材。主にグラインド式に使われている印象です。

セラミックの素材は金属の刃の欠点を補うために開発されたと言ってもいいでしょう。

セラミック刃のメリット

  • 耐久性が高い
  • 水洗いできる
  • 静電気を発生しにくい
耐久性がある

金属の刃に比べて耐久性があるので、良い製品ならば長く使えると言っていいでしょう。

ただ安いものだと割れてしまう場合もあるので一概には言えません。

水洗いできる

セラミック刃の最大のメリットが水洗いできること。

コーヒー豆のカスや汚れを取り除くのも水を使えば簡単です。

家庭用のコーヒーミルでよく使われているのもこう言った利点からでしょう。

静電気を発生しにくい

金属の刃に比べて通電性が低いため静電気を発生させづらいです。

静電気がないため微粉がミルにくっつかず、お手入れが簡単と言えます

セラミック刃のデメリット

  • 豆の粒度の調節が難しい
  • 切れ味は金属刃に劣る
豆の粒度の調節

セラミック刃は主にグラインド方式で使われますが、グラインド方式では手動のコーヒーミルが多いです。

手動の場合力の入れ具合によってセラミック刃が傾いたりスピードが変わったりするので均一に豆を挽くのが難しいと言えます。

切れ味は金属刃に劣る

カッティング式に使われるような切れ味の鋭さはまだありません

研いだりする加工の難しさという面も考えられます

まとめ

コーヒーミルの刃の素材について解説しました。

しかし、各素材でも製品によってその欠点を補えているものもあるのが事実。

したがって決定的な違いを一言でまとめると次のようになりました。

金属製はお手入れが面倒 セラミック製は水洗いできる!

どんな製品でも金属製は水洗いできません。静電気除去機能がないと微粉がつきやすいのも事実。

したがって、刃の素材を見る際には「金属製はお手入れが面倒・セラミック製は楽」と思えばいいでしょう。

※セラミック製でも製品によって変わるのでよくみてくださいね

以上、コーヒーミルの刃の素材の違いについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました