メリタ(Melitta)のドリッパーの特徴と使い方解説!おすすめも紹介

コーヒー
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

メリタ(Melittaとは)

メリタという会社はコーヒーグッズのメーカー。

ペーパーフィルターを初めて開発したメリタ・ベンツさんが小さい部屋で始めた会社が元となっているという、歴史あるメーカー。

メリタ ブランドストーリー|Melitta Japan (メリタジャパン)
メリタブランドストーリー。世界初のペーパードリップから始まったメリタの歴史。現在、コーヒーファンの間では当たり前の存在であるペーパードリップシステム(ろ紙でコーヒー粉をこしてコーヒーを抽出する方式)は、1908年、ドイツの一都市ドレスデンに住むメリタ・ベンツによって考案されました。

コーヒーメーカーやドリッパー、ケトルなどコーヒーのグッズ専門で扱っている会社なので、その製品や研究された技術はクオリティが高く、初心者から上級者まで利用をおすすめできます。

ドリッパーとは

ドリッパーとはコーヒーを淹れるための道具の一つ。

ドリッパーには様々な種類・特徴がありますので今回はメリタのドリッパーを解説します。

ドリッパーの詳しい基礎知識やについては↓の記事を参照ください。

メリタのドリッパーの特徴

では早速メリタのドリッパーについて触れていこうと思います。

メリタのドリッパーの大きな特徴は二つ。

  • 台形型である
  • 穴が1つ

詳しくみていきましょう。

メリタのドリッパーは台形型で穴が1つ

ドリッパーの形は大きく分けて台形型と円錐型があるのですが、メリタさんのドリッパーは台形型に該当します。

台形型の特徴として、円錐型に比べお湯が落ちるスピードが遅いため、コーヒー豆とお湯を比較的長い時間触れさせてじっくりとコーヒーを抽出するということが挙げられます。

同じ台形型のドリッパーとしてカリタのドリッパーが挙げられますが、穴の数を比較するとカリタは3つでメリタは1つ。

つまり、メリタの方がお湯の落ちるスピードが遅く、抽出をより長く行うということ。

代表的なドリッパーとしてカリタ式、メリタ式、ハリオ式、コーノ式とありますが、メリタ式はその中でも一番時間をかけて抽出する方法となります。

結局メリタのドリッパーは何がすごいのか

台形型ドリッパーで穴が一つという特徴はわかりましたが、なぜそれがメリタ式としてここまで有名・定番のコーヒーの淹れ方になったのでしょうか?

それはメリタが行ってきた研究開発と、安定して美味しいコーヒーを淹れるという理念に基づいています。

メリタのドリッパーは元から一つ穴じゃなかった

メリタの公式ホームページでは、これまで開発されたドリッパーの歴史を見ることができます。

メリタ式抽出方法|Melitta Japan (メリタジャパン)
メリタ抽出方法。誰でもおいしいコーヒーを作れる秘密。それがメリタならではの、1つ穴です。

公式ホームページによると、

  • たくさんの穴
  • 大きな一つの穴
  • 4つ穴
  • 3つ穴

と色々な形式・穴の数の製品を出していたことがわかります。この開発を経て現在の1つ穴台形式となったのです。

メリタは安定して美味しいコーヒーを淹れることができる

メリタのドリッパーの最大の利点は、「安定して美味しいコーヒーを淹れることができる」ということ。

台形型ということで、お湯の落ちるスピードの変化が少なくなります。対して円錐型ではお湯を入れる量によって味を調節できるという利点がありますが、逆にいつも決まったやり方でやらないと安定して美味しく淹れられないという風にも言えます。

また、メリタのドリッパーの穴は1つ。複数の穴が空いているドリッパーではお湯が減ってくるにつれて3つ穴を通るお湯の量に変化が起き、お湯の落ちるスピードが一定ではなくなります。

したがって、3つ穴のドリッパーでは何度かに分けてお湯を注ぎ足し、同じスピードでお湯が落ちるようにする技術が必要となってきます。

一方メリタのドリッパーは穴が一つなので最初から最後まであまり変わらないスピードでお湯を出すことができ、毎回同じ淹れ方をすることができます。お湯を注ぎ足す必要もありません。

つまり、台形型で一つ穴のメリタのドリッパーは、一度美味しいコーヒーの作り方を確立すれば簡単にいつもと同じ美味しいコーヒーを淹れることができると言えるんです!

ポイント

メリタのドリッパーは安定して美味しいコーヒーを淹れられる

メリタのドリッパーの使い方

メリタのドリッパーを使ったコーヒーの淹れ方を見ていきましょう。

メリタの公式が淹れ方の動画を出していました。

こちらの淹れ方の動画を文字に起こしておきます。ご活用ください。

  1. フィルターを折ってメリタのドリッパーにセット
  2. コーヒー豆を挽く
    • 中挽き〜細挽きがおすすめ
  3. 挽いたコーヒーをフィルターに入れる
  4. 揺らして入れたコーヒーを平らにならす
  5. コーヒー粉全体におゆをかけて蒸らす
  6. フィルターの目盛りまでムラなく一度にお湯を注ぐ
  7. 出来上がり

メリタのドリッパーは目盛りによってお湯の量が、一つ穴によっていつも同じ時間がわかるのであとはお好みに合わせて豆の挽き方・量・お湯の温度などを調節してみてください!

自分が好きな味のコーヒーを探求するのもとても楽しいですよ!

おすすめのメリタのドリッパー

ここでメリタのドリッパー製品をいくつか紹介します。ここまでの記事で気になった方はぜひ試してみてくださいね

メーカーのドリッパーを使ってコーヒーを淹れる際にはそのドリッパーに合ったフィルターが必要です。ドリッパーを用意する際には一緒に購入しておくことをおすすめします。

※そのドリッパーが何杯用かなどによって同じメーカーでもフィルターの種類が異なります。しっかりと確認しましょう

メリタ コーヒードリッパー SF-M 1×1

初めてメリタ式のドリッパーを使う方も手に取りやすい、お値段が抑えられた製品。

金額は500円程度となっています。

素材はプラスチック(AS樹脂)で洗いやすく汚れにくい。メジャースプーンも付いているという親切ぶりです。

とりあえずメリタのドリッパーでコーヒーを淹れてみたい、試してみたいという方や出来るだけ安く買いたいという方はこちらの製品を利用しましょう。

メリタ コーヒードリッパー 陶器フィルター SF-T 1×2

こちらのメリタのドリッパーは陶器で作られたもの。

陶器のツルッとした感触や温もりのある見た目はコーヒーの雰囲気と合っていてとてもリラックスできますし、使うのが楽しくなりますよね。

プラスチックのような安っぽさが嫌いという方やメリタ式のドリッパーが気に入ったという方はこちらがおすすめです。

まとめ

メリタのドリッパーの特徴や淹れ方に付いて紹介しました

まとめ

メリタのドリッパーは台形で一つ穴

美味しいコーヒーが安定して淹れられる

ペーパーフィルターを開発した小さい部屋の会社から始まり、今ではコーヒーグッズの大手メーカーとなったメリタ。

その長年の研究や商品開発は、初心者にもおすすめできるメリタ式のドリッパーを作ってくれました。

是非みなさんもメリタのドリッパーを使用して美味しいコーヒーを淹れてくださいね!

以上、メリタのドリッパーについての紹介でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました