MacやSurfaceのMini Displayportから映像出力するにはこれを買え!

IT
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

大学生や社会人の方は、自分のPCで作った資料をプロジェクターや大きなモニターにつないで発表をしたり共有をする場面が数多くあると思います。

そんなときに必要となってくるのが映像出力。

大きなノートパソコンにはHDMIなどの映像出力端子がついておりそのままつなぐことができますが、MacやSurface,Thinkpadなどは直接つなげる端子がついていないことがあります

その代わりについていることが多いのがMini Displayportと呼ばれる出力。

今回はこのMini DisplayportからHDMI・DVI・VGAなどの映像出力に切り替えられる変換ケーブルの紹介です。

私が実際に使っている変換ケーブル

Mini Dispayport変換ケーブル

そもそも紹介したいのは私が実際に自分のMacと接続して使っているケーブル。

使っている中でとても便利なので、新しくMacなどの映像出力端子がないPCを買った人には初期の段階で買っておくことをお勧めします

私が実際に買ったもののリンクを載せたかったのですが、現在の取り扱いが無かったので同じ機能の別のメーカーのものを載せておきます

おすすめポイント

このMini Displayport変換ケーブルをお勧めする理由は3つの出力に対応しているから!

大学・大学院でPCを使ってきたのですが、結構あったのが次のようなケース。

「DVIケーブルしかないんだけど、、」

「プロジェクターは VGAしかつながらないんだ、、」

モニターやプロジェクターとPCを接続する際、発表する場所や相手の設備によって特定のケーブルや端子しかない場合があるのです。

私は最初、Mini Displayport→HDMIに変換するケーブルを使っていたのですが、HDMIが使えない場合にはいちいちUSBにデータを入れてPCを借りて行っていました。

これがとても面倒ですし、相手方にも迷惑が掛かります。個別に変換ケーブルを用意するのは手間ですしかさばります。

しかし、紹介した変換ケーブルはMini DisplayportからHDMI・DVI・VGAと3つの映像出力に変換することができるのでこれ一つでどんな場合にも対応することができます。

これさえ持っていればいいのでかさばりません!

Mini Displayport変換ケーブルを探している方にはぴったりの商品だと思います

※HDMI・VGA・DVIのどれも使えないという場合に遭遇したことはないのでこれさえあれば大丈夫だと思います

コード部分も意外に丈夫

私が変換ケーブルを買ったのは2年くらい前。

毎週のゼミ発表や学会などで頻繁に使っているのですが、コードの接続部分などが痛んでいる様子はありません

このような変換ケーブルは結構使っているとすぐだめになってしまうイメージがあったのですが、意外に丈夫で長持ちしてくれています

自宅のモニターと接続してデュアルモニターにできる!

もともと変換ケーブルを買ったのは発表のためだったのですが、自宅での作業にも嬉しいポイントがありました。

それは自宅のモニターと接続してデュアルモニターにできるということ!

実際に自宅のモニターとMiniDisplayportを接続

もともとゲーム用にモニターを持っていたのですが、そのモニターとMacを接続することでノートPCの画面をモニターに拡張することができます。

私は特に情報系の学生でネットで調べ物をしながらコードを書いたり、動画を流しながら作業することが多かったので画面が二つになることはとても便利でした!

デスクトップPCが金額的にきつい、ブログ執筆などでマシンのパワーは必要ないがモニターを拡張したいという方はこのような方法でデュアルモニターにすることで作業効率がぐっとアップします!

まとめ

私が実際に使って、皆さんにもお勧めしたいと思ったMini DisplayportからHDMI・VGA・DVIに変換するケーブルについて紹介しました!

まとめ

Mini Displayportから変換するには3出力対応の変換ケーブルを買うべき!

発表などが無くても自宅のモニターで活用できる!

発表などで変換ケーブルを必要とされている方以外にも、普段の作業をデュアルモニターで行いたいという方にお勧めの商品です!

お値段は1000円程度ですし、一つ買ってもっておくと予想以上に便利で満足すると思います

ぜひこちらの変換ケーブル、皆さんの仕事や活動に役立ててくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました