EQ 心の知能指数とは? 高めてより良い人間関係を!鍛え方や書籍も紹介 

雑記
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今日は皆さんにEQをご紹介します!

EQがわからなくても、IQは聞いたことのある人が多いのではないでしょうか

EQはのIQ(知能指数)と呼ばれ、自分の感情のコントロールや表現などに関係してくるものです

EQを高めることによって得られるメリットなども紹介していきます

私がEQを知るきっかけとなったDAIGOさんのyoutubeはこちら

資格取るより年収が上がる科学的方法がこちら

この記事では私が購入し、実際に取り組んだこちら

を参考文献として書いております

くま
くま

EQって結構重要よ。

EQとは

心の知能指数(こころのちのうしすう、英: Emotional Intelligence Quotient、EQ)は、心の知能 (英: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標である。心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。

心の知能指数 Wikipedia

EQとは簡単にいうと、他の人とうまく付き合える力

これは単に「空気が読める」というわけではありません

他人の意見を尊重しつつ自分の意見をはっきり伝えたり
他の人の感情を把握して考えたりする力

例を挙げると

  • コミュニケーション能力
  • 時間管理能力
  • 意思決定力

このようなものはEQに含まれます

EQは訓練で高めることができる

皆さんの周りにこんな人はいませんか?

  • 全然勉強していないのに頭がいい
  • 仕事をすぐ覚える 要領がいい
  • 運動神経が抜群にいい

そして、自分との差を感じてナーバスになった経験は誰にでもあると思います

これらは生まれ持ったIQや運動能力などで、訓練によって挙げることが難しいです

しかし、EQは訓練で高めることができます

  • なぜか人に好かれている
  • すぐに人と仲良くなる

生まれつき人との関わり方が上手な人ってたくさんいますよね
そのような人には憧れるものです。

EQを高めることであなたもこのような素敵な人間関係を気づくことができることが、EQ向上に取り組んだ人の数多くの事例で実証されています

EQを構成する要素

単にEQと言っても、EQは次の四つに分割して考えられます

  • 自己認識
  • 自己管理
  • 社会的認識
  • 人間関係管理

これらの能力を満遍なく高めることによって人間関係が円滑に進みます

具体的に見ていきましょう

自己認識

自己認識とは、自分の状態を冷静に判断すること。

例えば

  • 怒り
  • 緊張
  • 何があると自分は嫌な気持ちになるのか
  • 何があると嬉しいのか

どのような時に自分はどんな感情になるのか/何をしたいと思うのか

行動は自分の感情の影響を大きく受けます。

自分が後悔しないような行動を取るためには、自分の感情の状態を認識する力が必要です

自己管理

自分の状態を把握できたら、それを元に自分の行動を考えます

  • 怒りに任せた行動
  • 衝動買い
  • 相手を傷つける発言
  • 緊張による失敗

誰しも自分の起こした行動を後悔したことがあると思います

そのような失敗の時、ほとんどがその時の突発的な行動によるもので後で冷静に考えるともっと良い行動があったように感じますね。

自己認識によって自分の感情を冷静に見て、自己管理によってそれを行動に移します

例えば、

  • 一度深呼吸をして落ち着いてから発言する
  • 緊張していることを俯瞰で認識して和らげる
  • 自分の疲れを認識して休息する
  • 感情による衝動と理性による思考とを組み合わせて適切な判断をする

このように、日常での他人との関わり方や自分の日常でのパフォーマンス向上につながるような結果が得られます

社会的認識

社会的認識とは、相手の気持ちを察知すること

例えば、サービスの質がいいお店などではそのお客さんが話しかけて欲しいのか、そうではないのか判断してコミュニケーションをとったり、

人間関係が上手な人は、自分が疲れているそぶりを見せていないはずなのにそれを察知してくれます

このように、自己認識が自分の気持ちの状態を判断するのに対し、社会的認識は相手の気持ちを判断することです

  • 今相手が何をして欲しいのか
  • 何をして欲しくないのか
  • 関わるべきか
  • 今はそっとしておくべきか

相手の気持ちを判断することで相手が望む行動を起こすことができるようになります

人間関係管理

実際に相手がして欲しい行動について適切に行うのが人間関係管理

  • 疲れている人には労る/そっとしておく
  • 怒っている人には共感する/なだめる
  • 悲しんでいる人には共感する/そっとしておく/一緒に考える

など、その人の状態がわかったとしても取る行動は無数にあり、それを正しく選択できなければ相手にとってあなたの行動がいい印象に繋がりません

人間関係管理を鍛えることで、

  • この人といると気が楽
  • 安心する
  • みんなのことをわかってくれる
  • 信頼できる
  • 仕事を任せられる

というようなことにつながっていきます

メリット

人間関係・コミュニケーション力

前述した能力を身につけることができれば良い人間関係を構築できることは明白ですね

人間は色々な場所で他人と関わります

  • 同僚/上司/後輩
  • 友人
  • 恋人
  • 家族
  • お客様/取引先

人間関係の良し悪しは、これらの状況でのより具体的な成果に直結します

  • 給与
  • 仲の良い友人の数
  • 恋人との関係
  • 家族との関係
  • 仕事での実績

人間関係はあらゆることの根底にあります

EQを高めて人生そのものの質をあげましょう!

EQの鍛え方

まずは、インターネットでEQについて調べたりすることがオススメです。

何よりお金がかかりませんし、スマホなどで隙間時間に少しでも見ておくと良いと思います

そしてもっと具体的にEQについて知りたい、鍛えたいと考えたときに書籍を買うことをお勧めします

私も実際にEQの鍛え方などをインターネットで調べましたが、なかなか具体的に書いてあるサイトが少ないんですよね。

そこで私はこちらの書籍を購入しました

こちらの書籍のオススメポイントは

  • それぞれの4つの能力について高める方法や習慣などが書いてある
  • EQテストが付属している
  • EQが高い人/低い人に対するアンケートが載っている
  • EQ測定値に基づいた計画の立て方など、実際に取り組みやすい

ということ。

また、この書籍の実績として

  • 英語版200万部突破
  • 16ヶ国語で翻訳
  • 著名人が絶賛している
    • メンタリストDAIGO
    • ダライ・ラマ
    • スティーブン・R・コヴィー(7つの習慣の著者)

などがあり、買って後悔しない/信頼性があると思って購入しました

実際購入した感想はとても良い本で、皆さんにも自信を持ってお勧めしたいと思いました!

くま
くま

宣伝みたくなったけど、これはマジで買ってよかった

本だとしっかりと自分の記憶にインプットされますし、この本の性質上見たい項目をパッと開くことができるのでEQを高める方法を再確認することができて便利です

まとめ

EQについて解説しました!

私も現在EQを高めようと取り組んでいる最中ですが、他の習慣などに比べても日常の中で鍛えることができるのでぜひトライしてみることをお勧めします!

よりより人間関係を送れることを目指して一緒に頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました