[カメラ]F値とはなんぞや!絞りについて徹底解説 使いこなして素敵な写真を撮ろう![初心者]

雑記
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは くまです

今回は一眼レフでの撮影時に欠かせないF値(絞り)についてお話しします!

F値の仕組みを理解する事で一気に雰囲気のある写真が撮れるようになりますよ!!

F値とは

F値とは光の入る量を調節する値のこと。

F値を調節する時がどんな時かというと、

光の量を調節したい時 ピントやボケ具合を調節したい時

この二つです!

F値(絞り)のイメージは人間の瞳孔。

暗いところでは瞳孔が大きくなって、明るいところでは小さくなります

カメラの場合、絞りがググッと小さくなったり大きくなったりして

物理的に光の量を調節しています。

したがって、レンズによってF値の範囲が決まっていたりするのです

F値を大きくすると光の入る量は小さくなり、F値を小さくすると光の入る量は大きくなります

また、F値を調節することでピントの合っている範囲を変える事ができます

では実際の使用例を見ていきましょう!

暗いところでの撮影はF値を小さく!

星空の撮影や暗いところでの撮影では光をたくさん取り込む必要があるため

F値を小さく設定して撮影します。

[例]こちらの写真は暗い室内での撮影だったためF値を3.5に設定して撮りました

画像を明るくしたいなと思ったら、ISOやシャッタースピードの前にまずF値の設定を検討しましょう

何故ならば、ISO感度をあげるとノイズが乗りやすく、シャッタースピードを遅くすると手ぶれが発生しやすくなるといった欠点があるからです

それに比べF値の設定では「ぼかせなくなる」といったようなデメリットしかありません。

暗いところで背景をぼかしたいとはあまり思わない場合がほとんどですので、

まずはF値を小さくしてからISOやシャッタースピードの設定をしましょう

接写やポートレートではF値を小さくしてぼかす!

花や置物など、撮影対象を接写する場合や人物を際立たせて撮影したい場合

F値を小さく設定してみましょう。

F値を小さくすることでピントが合う部分が小さくなり、撮影対象以外のものがぼやけて一気に雰囲気が増します

カメラが手元にある方は、家のものをF値を低くして接写してみてください!

ぼかし方を覚えるとカメラが一気に楽しくなりますよ!

[例]こちらはぼかすためにF値を5.6にしています

また、動物園の金網などを透かして撮るというテクニックもあります

カメラをやる上で欠かせない設定項目なのです!

風景写真や集合写真ではF値を高めにしてぼかさない!

逆に、広い範囲でピントを合わせたい風景写真や集合写真ではF値を高めに設定しましょう。

うっかりF値を低くして撮影していると後で見返した時、

「俺の顔ぼやけてるじゃん!!」てなことになってしまいます

まとめ

F値についてまとめました

初心者さんが頭に入れておくことは

・F値を小さくすると明るくなる!

・F値を小さくすると背景をぼかせる!

この二つで結構です!

あとは自分でF値を色々と設定して試してみましょう

みなさんが素敵な写真を撮る一助になれればと思っております

カメラ初心者向けの他の記事はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました