飲食バイト必見!トレイ・トレンチの持ち方と練習

雑記
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは

今回は私が飲食店バイトを始めた時に調べた項目。

初心者さんは気になる方も多いトレンチ(丸いトレイ)の持ち方について解説します!

くま
くま

トレンチが安定してるとかっこいいと思う

私自身、バイトを始めた頃にトレンチをひっくり返した経験があり、しばらくトラウマになっていました

そんな私も今では両手に大量のお皿を乗せたトレンチを持ってスイスイ動き回れるようになりました!

私の経験がバイト初心者さんの助けになれば幸いです

※あくまで私の自己流です/主に大衆向けの飲食店や居酒屋向けです

主にトレンチを使う場面

配膳

一番使うのはこの時でしょう。

取っ手がないグラスや料理を一度に複数持っていく手段や、見栄えを良くする目的でよく使われますね

特に居酒屋では団体客の注文などでトレンチいっぱいに思いお皿やジョッキを乗せて運ぶこともあります

この時にミスをしてひっくり返してしまうことが多いのではないのでしょうか

食器を下げる時

配膳したついでにお客様の食べ終わったお皿や飲み終わったグラスなどを乗せて帰っていきます

食器を効率的に持っていくことは意外と重要です

トレンチを使いこなすことで手では持ちきれない量も運べますね

ミスが起こる状況

私が考える、トレンチを崩してしまって料理やグラスを落としてしまうポイントをまとめました

トレンチから物を取った時

お客様に料理を配膳するときなどは片手でトレンチを持って片手で料理を差し出しますよね

この時に料理を取ったことで重心が傾き、ミスが起こります

くま
くま

慣れるまでトラウマになった

トレンチに物を載せられたとき

これは飲食の店員さんあるあるだと思います

くま
くま

お客さんがドン!と乗せてくるのが怖い!!

これは、トレンチ自体の持ち方がなれている人も危ないですよね。

お客さんの席に行きお皿を下げようとした時、横からヒョイっとトレンチに乗せてくるお客様がいらっしゃいます

おそらく私たちの仕事を助けようという善意からだと思うのですが、店員はトレンチの重心を把握しながら物を乗せています。

乗せられると重心が傾くため、支えきれなくなり落としてしまうことがあるのです。

できれば下げて欲しいお皿は店員の方に寄せるか、一声かけてくださるとありがたいです

トレンチが重さで歪んでいる時

こちらはジョッキなどを一気に運ぼうという時に起こります

トレンチの真ん中が重みに耐えきれなくて歪み、その歪みの影響でジョッキが倒れてしまいます

重心などではないため、自分の感覚として気づきにくい厄介な代物です

トレンチの持ち方のコツ・注意点

さぁ、これらの問題を解決するために早速トレンチの持ち方を見ていきましょう!

手の位置

トレンチはまず利き手ではない方で持ちましょう。利き手が自由に使える方が配膳やバッシングをしやすくて便利です

手の位置は私はトレンチのど真ん中においています。人によって少し手前だったりするようです

手のひらをパーの形に広げて、床と平行にしたら自分の体の内側方向へ少し曲げます
自分が見た時に手のひらが床と平行で、手首でくの字に曲がっていると○

時計に対して腕を6時に置いたとき中指が1~2時くらいをさします

くま
くま

わかりづらいな

お店によっては指3本でもち、手の間におしぼりを挟むなどやり方が決まっている場合もあります

二の腕は体につける場合とつけない場合を使い分けます

  • トレンチが重い場合 → まっすぐ体につける
  • バランスが取りづらい時 → 少し体と二の腕の空間を空ける

重いものを運ぶ場合は体にしっかりとつけ、体全体で支えるようにします

肘から先の部分は自分の体に対して45度くらいに開きましょう
安定感が増します

トレンチの高さ私の場合、肘より少し高いくらいにキープ。

お店によっては高くあげたりしてますよね

物を乗せる場所

ものを乗せる時、トレンチ全体のバランスを考えるのではなく
重いものを手前(自分の方)に集中させるようにしましょう

手前に重心が傾いた場合は腕で支えることができますが、奥に傾いたらどうにもなりません

また、手前に重心があることで重心に合わせて操作しやすくなります

状況によって変える

基本的な持ち方はお伝えしましたが、トレンチは乗せるものの重さやバランスによって適宜微調整する必要があります

例えば

  • 重い場合いつもより手の位置を手前に
  • 手だけでなく腕も使って支える
  • トレンチを体につける
  • しゃがむときは膝で支える
  • 指を折り曲げてかっこつける
  • 重心に合わせて力の入れ具合を変える

これらはもはや体で覚えるもの。
初心者さんは基本に忠実に、日々の仕事で応用を覚えていきましょう

くま
くま

私は暇なときグラスを乗せて練習してました

トレンチを使いこなすとこんないいことが!

一度に大量に持っていける

トレンチを持つことになれればたくさんの料理や飲み物をトレンチいっぱいに広げて、一度に持っていくことができます

また、片手にトレンチ、片手でジョッキなど自由になっているもう片方で融通を利かせることができます!

仕事のスピードも大幅アップです

バッシングスピードの向上

お客様が退店された後に席を片付けるバッシング。

そんな時にも、片付ける対象のお皿やグラス、ゴミなどをトレンチにのせて一気に持っていけます

席のセッティングや補充なども

トレンチはお皿やグラスを乗せるだけではありません。

私はよく補充する割り箸やタレ、取り分け用のお皿など数席分まとめて持っていきます
そしてもう片方の手でトレンチからものを取り、補充して席を回ります

トレンチのメリットは安定すると割と自由に動けること。

流れ作業ができるので効率アップです!

かっこいい・褒められる

お客様のお皿を下げる時などにたくさんトレンチに乗せていると、お客さんから褒められることがあります

褒められるとシンプルに嬉しいです

また、スタイリッシュにトレンチを使いこなしているとかっこよくないですか?

くま
くま

かっこいい!

トレンチを使いこなして、アルバイト仲間にドヤ顔しちゃいましょう!笑

まとめ

トレンチの持ち方についてまとめました!

なかなか初心者さんは緊張するトレンチ。

苦手な人でも以上のことを意識すれば絶対に使いこなせるようになります!
(私もできました)

かっこいい店員さんを目指して頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました