これからの社会で生き抜くには今すぐ「自分で稼ぐ力」を身につけるべきだという話

雑記
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

今回は現役大学院生の私がこれからの社会で必要となってくるスキル時間があるときにもっとやっておけばよかったなと思うことについてのお話。

それはずばり自分でお金を稼ぐ力を身に着ける・その土台を作るということ。

いま大学生の方や、時間に余裕があって何か身につけたいけど何をしたらいいかわからないという方はこちらの記事を参考に新しく物事を始めてみるのもよいのではないでしょうか。というか絶対に始めたほうが良いです!

詳しく見ていきましょう

この記事でわかること

時間のある人は自分で稼ぐスキルを身につけるべき

その理由と背景

具体的にどういう行動をすればいいのか

自分で稼ぐ力を身につけるとは

この記事の冒頭部分を読んだ方はこう思ったはずです。

「なんかうさんくさくない?」「バイトしてるしすでに稼いでるよ」と。

しかし今回私が皆さんに伝えたいのはこれからの社会を生きていくうえで必要となってくる力で、その場しのぎのスキルではなく自分の自信や能力に深く長期的にかかわってくるものです。

わたくしからこの記事を通してビジネスを進めたり、なにか特定のサイトに飛ばすようなことはございません。

大学院生として、またブロガーとして活動してきた結果として伝えたい内容ですのでどうか安心してご覧ください。

始めに結論、次に背景という順で説明します。

何かを始めたい人は今すぐブログを始めるべき

突然ですが、みなさんはブログをやっていますか?

ブログなんて芸能人がやるものだと思っている方が多いのではないでしょうか。私もその一人でした。

みなさんにブログを始めることをお勧めするのにはいくつかの理由があります。

  • ブログでお金を稼いでいる人を知れる
  • 実際に自分で収益を上げることができる
  • 文章力(ライティング力がつく)
  • 「ブログを開設して収益化している」という実績がつく

ブログをお勧めする理由

ブログでお金を稼いでいる人はまさに「自分のスキルで稼いでいる人」ということ。

ブログの運営とは誰にでもできるような単純作業や働く意味があるのかという仕事ではなく、自分で大衆の需要を分析し記事を準備しマーケティングをしてお金を稼ぐ仕事です。

現在の社会人はほとんどが会社に依存しており、会社を首になったら生活する術が無くなってしまいます。

一方で、社会人をしながら副業としてブログを運営している人はどうでしょうか?

ブログが生活できるほど伸びているならばそのままブログで稼いでいけばよいでしょうし、もしそうでなくても次の仕事を探すまでのつなぎや次の仕事に対するアピールポイントになる可能性があります。

また、ブログならば自分のペースで続けることや自分の好きなことを趣味のように発信していくことが可能。

そのようにして継続していくことでいつのまにか文章の構成力やタイピングスキル、見出しやタイトル分のコピーライト能力、ライティングスキル、SNSなどを活用していればフォロワーなどの媒体も獲得できます

つまり、ブログという媒体を通して自分で稼ぐためのスキルを成長させることができ、さらに実際に収益を得る体験・実績を積むことができるのです。

独自ドメインとレンタルサーバーを利用した有料のブログはもちろん、無料ブログサービスを活用して始めるのもよいでしょう。

ブログの運営を継続して行っていくことで様々な恩恵が受けられるはずです。

自分のスキルをクラウドソーシングで売る

ブログをする暇はないけれど、自分が大学で学んだスキルを何かに生かしたい。これを使ってお金を稼ぎたいという方はクラウドソーシングでスキルを売りましょう

クラウドソーシングとは、個人が個人に対して仕事を頼める/受けることができるサービスの総称。

日本ではクラウドワークスやランサーズというサイトが有名です。

このようなクラウドソーシングサイトを利用することによって自分のスキルを活用してお金を稼ぐことが可能。

例えば、普段から文章を書いている方ならば「ライティング能力」を生かしてブログ記事の執筆の依頼を受けたり、プログラミングの勉強をしている学生ならば「プログラミング能力」を生かして簡単なシステム開発の依頼を受けることができます。

それによって実際にお金を稼ぐことができますので、スキルを活かしてお金を稼ぐという一通りの流れ・実感をつかむことができます。

クラウドソーシングをお勧めする理由

クラウドソーシングに対して「何かハードルが高い」と感じる人は多いはず。

それもそうです。自分のスキルを使って何かを作り、それを売っているわけですから責任が伴います。

しかし安心してください。ライティングの案件やネーミングの案件は初心者でもできることが多いですし、初心者歓迎の案件も数多くあります。

このような活動を通して実際に自分のスキルを成長させていくことも可能。

いろいろと言い訳をして時間を無駄にするよりは、失敗を恐れず自分のスキルを活かせる・伸ばせることをしていくほうがいいとは思いませんか?

背景

自分で稼ぐ力を身につける必要がある背景についてお話ししたいと思います。

みなさんにが納得できるようにできるだけわかりやすく説明します。

終身雇用制の衰退

まず初めに挙げられる背景として、終身雇用制の衰退が挙げられます。

終身雇用制とは、簡単に言うと一つの会社で定年まで働くということ。大学を卒業して就職して、一生その会社で仕事をしていくということ。

ウィキペディアでは次のように定義されています。

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本の正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。

終身雇用-Wikipedia

おそらく学生の方の親は終身雇用制の形で働いている方が多いでしょう。また、皆さんも漠然と「自分は修飾したらずっとその会社で働く」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、すでに終身雇用制の衰退は始まっています

少子化、日本経済停滞などにより昨今では日本的経営であった終身雇用や年功序列を維持することは、一層困難になってきている。内閣府経済社会総合研究所の研究グループは年功賃金と終身雇用を企業が維持することが困難になったとする研究結果をまとめた。しかしながら、終身雇用が崩壊したと言えども日本では長期雇用の慣習が残っており、日本の転職率は欧米の半分以下である。

終身雇用-Wikipedia

日本経済の停滞によって一つの会社が一生同じ人を雇い続けるほどの財力を持たなくなり、またアウトソーシング(業務を委託すること)などインターネットの発展に伴い業務を外部に委託することができるようになりました。

さらに、これからの人工知能やロボットアームなどの技術、ソフトウェアの進歩により単純作業はどんどん効率化されてマンパワーを仕事に咲くことが少なくなります。

つまり、一つの会社が抱える従業員の人数は少なくなっていくのです。

ポイント

終身雇用制の衰退は始まっている

年功序列制の衰退

終身雇用制と同じく日本の慣習となっていたのが年功序列制です。

年功序列制とは、年上の人のほうが偉いという制度。終身雇用制と相まって、長く会社にいるだけで会社に貢献しているとみなされて出世し、若い人よりも偉くなるということです。

しかし、この年功序列制も近年見直す企業が多くなってきています。なぜならば、ITが発展している現代に人が求めていることは「単純な作業」というよりは「新鮮な感覚」や「実力」であるからです。

終身雇用制の節でもお話ししましたが、単純な作業は技術によって人の力を必要としなくなってきました。

以前までは「うちのやり方はこうだから」と長く会社にいた人しかできなかった仕事が、今ではスイッチやキーボードのキーを押すだけですべてソフトウェアがやってくれる時代になっているのです。

すると長く会社にいたことはあまり評価されなくなり、

  • 営業成績
  • プログラミングスキル
  • アイデア力
  • コミュニケーションスキル

など実際にどのような能力を持っているかということが重要視されるようになってきました。

また、あらゆるサービスが飽和している現代では若者の「新鮮な感覚」を求める企業も増えてきました。

みなさんもアプリやサービスを経験したとき、「これは○○に似ているな」と感じたことはないでしょうか?

現代では数ある同じようなコンテンツに対して、どのようにして自分の会社の製品の違い・メリットを生じさせるかということが非常に大事になってきています。

この違いを生み出すためには、柔軟な視点や新しい感覚を提供してくれる若者が欲されているのです。さらにその若者にスキルがあるならば万々歳ということ。

ただ、長く会社にいた人は

  • 社会人としての礼儀
  • 新入社員の指導役
  • 取引先とのパイプ

などとこれまで培ってきた社会人としての土台がありますので、年功序列制が衰退しているからといって若者がすぐに上司になるわけではありません。ただ言えるのは管理職の平均年齢は確実に下がってきていますし、起業家やベンチャー企業に関して言えば若者で代表を務める方がどんどんでてきているということ。

ポイント

年功序列制は衰退している

学生のアルバイトは時間の浪費

ここからは学生に対してのお話になりますので、既に社会人の方は読み飛ばしていただいて構いません。

ずばり、お小遣いを稼ぐための学生のアルバイトは時間の浪費であることが多いです

しかし、以下のような例外があります。

  • 学費や生活費のために働く必要がある
  • 将来就きたい仕事に関連する
  • コミュニケーション能力が身につく
  • 楽にお金を稼げる
  • 特別なスキルがつく

上記のような例に当てはまらないアルバイトはすべて時間の浪費と言い切れます。ここでいう浪費とは、費やした時間に対して得られるものが少ないという意味。

学生がする居酒屋アルバイトを例に考えてみましょう。

身につくスキルはホールならばコミュニケーションスキル、キッチンならば料理のスキルでしょうか。といっても大衆向けのお店ならばそれほどのスキルアップは望めません。

さらに、勤務時間は深夜に及ぶこともあります。アルバイトがある次の日は遅く起きることも多いでしょう。

社員さんや店長との関係に頭を悩ませたり、同じバイト仲間と愚痴を言いあったり。

このような行動すべてが無駄だと断言するのは暴論ですが、同じ時間を使ってもっと有意義なことができるとは思うはずです。

アルバイトは基本的に自分の時間を売ってお金を稼いでいます。自分の能力によってお金を稼ぐのに比べると、売るのがスキルなのか時間なのかという違いがありますね。

時間を売って稼ぐアルバイトでは、誰にでもできるような仕事が与えられるので自分のスキルを大きく伸ばしていくことはできません。また、身につけたスキルが今後役に立つ可能性が低い場合が多いです。

  • 居酒屋でホールを回す
  • レジを早く済ませる
  • 品だしを早くする

このようなスキルは社会で役に立ったり、自分のアピールポイントとしてほかの人に認めてもらえることが少ないと想像できるでしょう。

すぐにアルバイトをやめろとは言いません。アルバイトを通して従業員としてのマナーや上司に対する礼儀などが学べますし、人間関係が構築できることがあり、無益ではないからです。

ただみなさんにはアルバイトをしながら「ブログ」や「クラウドソーシング」のような自分のスキルを活かす方法をとってほしいと思っています。

これからの社会で求められる人物とは

背景として、

  • 終身雇用制の衰退
  • 年功序列制の衰退

をお伝えしました。

この二つの背景から導き出される「これからの社会で求められる人物像」。

それが私の伝えたかった自分の力でお金を稼ぐことができる人物です。

言い換えると、お金を稼ぐことができるだけのスキルを持っている人物ということになります。

これまでの背景で定年まで同じ会社にいられるわけではない(終身雇用制の衰退)ということと、ただ会社にいるだけでは出世できない(年功序列制の衰退)ということをお伝えしました。

ではどのようにすればこの社会を生き抜いていけるのか。

それは前述の文とは逆に、転職できるスキルを身につけることと会社から必要とされる実力を身につけることといえます。

これから社会に出て働く人は何らかのスキルを学んでいく必要があるということです。

ポイント

新しいスキルを身につけていくことがこれからの社会では必要

まとめ

ここまで「自分でお金を稼ぐ力を身につけるべきだ」という話をしてきました。

つたない私の文章ですが、自分のスキルを伸ばしていく重要性やそれが必要となってくる背景について少し理解いただけたと思います。

どうぞみなさんも一念発起して何か行動を起こしてみてください。

始めるには遅すぎるなんてことはありません。今のあなたにとってはこの瞬間が最速のスタートです。

ブログの始め方を見てみたり、クラウドソーシングの登録をしてみるのもいいかもしれません。

自分と自分のスキルを信じて一歩踏み出しましょう!これからの社会を生き抜くために!

コメント

タイトルとURLをコピーしました