アルバイト初心者が仕事に慣れる・働けるために意識することとその方法

雑記
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは

今回は始めたばかりのアルバイトでなかなか仕事が覚えられない・動きかたがよくわからない

という方向けに意識することなどをまとめました!

アルバイト初心者の方はこれらを意識して働き、少しでもバイトに慣れるようにしましょう!

くま
くま

始めたばかりだと慣れるまで大変だよね。。

慣れるために意識すること

できることは全力でする

皿洗いや掃除、声出しなど基本的に技術力がなくてもすぐに覚えられることには全力でのぞみましょう

自分ができていると思っていることが実はできていないこと、結構あります。

  • 皿の洗い残しはないか
  • 掃除できていない箇所はないか
  • 声出しの声はよく通っているか
  • 終わらせるスピードと丁寧さのバランスはあっているか

自分が最低限できることを、他の人のお手本になるくらい高めましょう

このような意識をしていると仕事に対して前向きになりますし、社員さんから褒められることもあります

自分の自信になり、他の仕事への慣れるスピードもアップです!

なかなか仕事に慣れないという方は、まずは自分ができる仕事を最大限高めてみてください

メモはとってもいいがなるべくみない

アルバイト先でメモを取れと言われることは多いですし、たくさんのことや手順をいつでも確認できる状態にしておくことはとても重要です

ですが、多くの人がメモを取ったことで安心してしまい、メモを見なくても動けるようになるまでに時間がかかります

そのような時に意識することはメモをなるべく見ないこと

すぐにメモを確認するのではなく、できるだけ自分の記憶で行うようにしましょう

また、メモを見ないと不安だという方はメモを見る前に一旦自分の頭で思い出し、その後メモを見て答え合せをしましょう

このようにしていくことで徐々に自分の頭で思い出せるようになります

具体的には

  • メモで確認する → 記憶を脳にインプットする作業
  • メモを思い出そうとする → 記憶を脳からアウトプットする作業

人は学習する時インプットとアウトプットを繰り返して記憶に定着させます

そのため、メモを確認するだけでは不十分なのです

まだ自分が覚えていなかったり、自分の記憶に自信が持てない時はしっかりと確認しましょうね

今何をやるべきか考える

仕事自体の作業は覚えているがうまく動けている感じがしない という方は、今自分が何をやるべきかを意識しましょう

例えば、接客や調理は最優先、皿洗いや掃除といった作業は後回しという感じです

自分のできる仕事という選択肢の中から、今何をやればお店をうまく回すことができるのか考えて働きましょう

また、自分よりたくさんの仕事ができる人(社員さんや先輩アルバイト)が
誰にでもできる仕事(皿洗いや掃除)をしている時は

「代わります」と申し出ましょう

自分が拘束されるような仕事をやり、他の人が色々な仕事ができる状態にしてあげるというのもお店を回すためには大事です

必須項目から覚える

初心者の方は仕事をなんでも覚えようとしがちですが、最初は重要度の高い、必須な仕事を完璧に覚えましょう

そうやってから徐々に新しいことを覚えていけばいいのです

一つの仕事が完璧にできるようになると、忙しい時でもあなたにその仕事を任せることができますし、自分的にも自信を持っている仕事があるというのは精神的に安定します

そうやってお店の仕組みの一部として働けると自分の視野が広がり、

  • 今お店がどういう状況なのか
  • この仕事をやっている時は他の人にはこういうことをしてもらいたい
  • この仕事がうまくいかないとどういう風に影響する

ということがわかってきます

わからないことはどんどん聞く

わからないことを自分の不確かな記憶で行うのはお店に不利益をもたらすことになりますし、従業員としてのあなたの信頼も落ちてしまいます

わからないことは積極的に質問しましょう

質問するときは、その人の手が空いているかや自分の質問を聞いてくれる時間があるかということを確認してからにしてください

たまに質問すると「そんなこと聞くな!」と怒られることがありますが

あなたは間違っていません 

めげずに自分が理解できるまで質問しましょう

たくさん質問することによって自分の記憶との確認にもなり、徐々に仕事を覚えていけます

他の人の働きかたを参考にする

他の人が、お店がどういう時にどの仕事をやっているか 観察しましょう

仕事がたくさんある時にどれを優先して動いているかということや、効率を良くするための工夫などたくさんのことが学び取れます

また、他の人が動きやすいように働くため他の仕事でどんなことがされていたら嬉しいか考えましょう

例えば

  • 調理  → オーダーされた順番に並べられている
  • 接客  → 会計や入店・人数などを報告
  • 品出し → 人気商品をわかりやすくまとめておく
  • 掃除  → やったところを報告 掃除用具をまとめておく
  • 皿洗い → 皿の種類によって分ける 残飯をあらかじめ捨てておく

詳細はお店によって様々なルールがありますのでそれに従ってください

このように、「他の人が気持ちよく働ける」ということを実現するには何をしたら良いかということを考えていくと自分の働きかたが効率的になります

他の人を参考にして、自分の働きかたを改善していきましょう

自分を褒める

自分が何か新しいことができたり、失敗を少なくすることができたら自分のことを褒めましょう

  • 今日はお皿を割らなかった
  • お客さんに褒められた
  • 社員さんに褒められた
  • 一人で仕事ができた
  • 新しい仕事に取り組んでみた

あなたはバイトに行くたびに着実に成長しています 

今難しい仕事も数ヶ月後にはなんなくこなせるようになっているはずです

毎回バイトに行くたびに仕事に慣れようと頑張っているあなたは素晴らしいです

自分なんてダメだ と考えずにできたこと・成長したことに目を向けましょう!

まとめ

アルバイト初心者の方が仕事に慣れるために意識することについてまとめました

これらのことを意識して、お店にとって有益な存在になりましょう!

自分が働けていることが実感できると、満足感や達成感など、仕事のやりがいが感じられますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました