コミュニケーションは内容より伝え方が大事!?『伝え方が9割』

雑記
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは普段人とうまくコミュニケーションをとれているでしょうか?

特に自分の望みをかなえるために人にお願いすることがうまくいっていない方は多いのではないでしょうか?

例えば

  • 締め切りを伸ばしてほしい
  • 好きな人をデートに誘いたい
  • 無断で駐輪する人をやめさせたい
  • まじめに仕事をしてもらいたい

こういう時、私たちは「なんでやって(やめて)くれないんだろう?」と相手のことを責めてしまいます。どうにかして自分のお願いを気持ちよく相手にしてもらう方法はないかと頭を悩ませている人も多いでしょう。

今回はそんな問題を解決するのにうってつけな『伝え方が9割』という本の紹介です。

この本は主に例に挙げたようなお願いや普段のコミュニケーションで意識することで上手にやり取りができる方法について教えてくれています。

あいまいな自己啓発ではなく、読んですぐ実践できるような意識・言葉の選び方についての本なので力になってくれるはず。(私はだいぶハッとさせられました笑)

この記事を読んで実際の本の内容が気になった方はぜひ買ってみてくださいね

※『伝え方が9割 2』も発売されています。内容は従来の『伝え方が9割』にプラスしてある本なのでこれから買う方は2を買うのをおすすめします

本の内容をそのまま載せるのは本が買われなくなってしまうので、はしょってお伝えするのをお許しください

この本を書いた人

みなさんが『伝え方が9割』という本の存在を知って、最初にこう思う人も少なくないかもしれません

「本当に効果あるの?」「どうせもとから話すのがうまい人向けでしょ?」と。

しかしここで皆さんに知っておいてほしいのが『伝え方が9割』を書いた佐々木圭一さんという方。

この方は理系の大学を卒業後、広告の会社に就職。もともと人と話すのが得意ではなく、広告のコピーライティング(キャッチコピーなど)をつくる仕事も全然うまくいかなかったそうです。

何時間もかけて作ったキャッチコピーをすぐに却下され、ストレスによって体重が増えるなどの生活が数年続きました。

そんなとき、勉強のためにいろいろなキャッチコピーを見ているうちに規則性に気づき、言葉づくりの法則のようなものを見つけました。それから生活が激変。数々の賞をいただいたり、有名ミュージシャンの作詞や大学の講義などをするまでになりました。

この本は作者が長年苦しんで得た言葉づくりのコツをまとめたもので、「もとからコミュニケーションがうまい人」が書いたものではないというのがポイント。弱者の気持ちを理解している作者だからこそこの本は今コミュニケーションに自信が無かったり人に物事を頼むのが苦手だという方にもおすすめできるんです。

もとから話すのが得意ではなかった作者だからこそ信頼できる

伝え方の重要性

この本では伝え方の重要性や与える印象の違いをいくつもの例をあげながら説明しているのが印象的。

実際に載っている例を紹介すると、

あなたは好きな人をデートに誘いたい。
「デートしてください」というのと 「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」 というのではどちらが目的(デートに行く)を達成できるだろうか?

といった具合。

言うまでもなく成功率が高いのは後者だと思いますが、その本質は言葉の内容は変わっていないのに伝え方によって相手に与える印象や効果が変わってくるということ。

でもどうやったらそんな言葉、お願いの仕方がでてくるのでしょうか?

本の前半では主にこのような「お願い」をするときの言葉の作り方について解説されています。

言葉の内容は同じでも伝え方によって印象が違う

お願い言葉の作り方

お願い言葉の作り方について、本では簡単な3ステップが述べられています(伏字にします)

1.※※※をそのまま口にしない
2.○○〇を想像する
3.△△△と一致するお願いをする

これは結構本の核心の部分なので伏字にさせていただきました。

普段誰かに何かをしてほしい時・お願いをしたいときはいったん冷静にこのステップを踏んで言葉を作り、相手に投げかけるという方法でよりよりコミュニケーションが取れると書かれています。

このステップを知って私は「確かにこう考えることができていなかった」と納得できましたし、実際に使ってみて以前よりうまいコミュニケーションが取れていることが実感できています

次の章ではこの3ステップをより詳しく述べられ、言葉の作り方が具体的な例とともに7つの切り口で紹介されています。

『伝え方が9割』で、すぐに実践できる言葉づくりの3ステップを知ることができる

お願い言葉を作る切り口

ここで7つの切り口を紹介したいのですが、著作権うんぬんの問題から、実際に『伝え方が9割』で紹介されている切り口を使って私がお願い言葉を考えてみた例を紹介したいと思います

1.「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」 (これは本書の例文)

2.「複数の防犯カメラを設置しています。見つけ次第通報します。」

3.「事務作業と体力仕事、どっちかやってくれると助かるな」

4.「君の淹れるコーヒーは本当においしいんだよ。頼めないかな?」

5.「〇〇さんだけは絶対に来てほしいんですよ、来れませんか?」

6.「テレビが終わったら、一緒に〇時まで勉強しよう」

7.「すごく大変そうだね、いつもありがとう。今回も頼むね」

どうですか?1~7までの7つの「こういう切り口でお願い言葉を作ろう」というコツに従って作ってみた例です。なんだか印象が良く感じますし、これなら自分が本来達成したい目的がかなえられそうな気がすると思います。

実際に『伝え方が9割』の中ではこのようなコツをもっと詳しく、具体例や練習問題を出しながら解説してくれています

実践的な言葉の作り方の切り口も解説されていて役立てることができる

強い言葉の作り方

『伝え方が9割』の前半では主にお願いをするときの言葉の作り方について述べられていますが、後半はより広範囲なテクニックが開設されています。

その一つが強い言葉の作り方。強い言葉をうまくつくることによって自分の話にメリハリがついて、相手が相槌やリアクションをとりやすくなる(=スムーズなコミュニケーション・話し上手)につながります。

強い言葉の作り方も具体的に5つの切り口が挙げられています。

実際のキャッチコピーや歌詞もこの切り口が利用されているので、それを紹介したいと思います

1.「そうだ 京都、行こう」

2.「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」

3.「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」

4.「さいた さいた チューリップの花が」

5.(例無し)

ここだけの話、普段無意識に見ている言葉に実はテクニックが使われているということ自体がとても有益ですよね。

みなさんが普段目にする広告や新聞なども見方が変わってくること間違いなしです。

強い言葉を作る方法を知ることができる

うまいメールの仕方

これまで得た

  • お願い言葉
  • 強い言葉

を利用してメールに生かす方法と、話し言葉ではない場合の表現で気を付けることについて書かれている節がありました。

普段SNSなどで何気なくやり取りしていることも、実は気を付けることで相手に良い印象を抱かせることができます。

こちらも具体的な方法がいくつかあるのですが、書くとあからさまなので内緒にします。笑

本文では作者が実際に送ったメールと、そのメールによってどんな結果が得られたかという例が示されています

文面での伝え方のコツも学べる

本全体を通して

本全体を通して感じたのが、とても読みやすいということ。さすが言葉づくりのプロといった感じで、説明もわかりやすく例がたくさんあって自分が経験したことに置き換えて読むことができました。

また、「何かを変えたい」と思っている人は自己啓発本をよむのもいいですが、自己啓発本は内容があいまい・どう実践したらいいのかいまいちわからないということも多いですよね。

一方この本は読んですぐ使えるようなコツ・技術が盛りだくさんなのですぐに生活の中でのコミュニケーションに生かすことができますし、誰にでも当てはまる・役だつ情報が得られると感じました。

普段のコミュニケーションや人間関係で悩んでいる方や少しレベルアップをしたいという方は絶対に読むことをおすすめします。

全体を通してすごいべた褒めしてしまいましたが、私が読んだ限りではとてもいい本でしたので正直に書かせてもらいました。笑

この記事を読んで実際に『伝え方が9割』に興味を持ち、その内容によって皆さんがよりよいコミュニケーションが取れるといいなと思っています…!

以上、『伝え方が9割』の紹介でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました