サマーウォーズの世界が現実に?! この夏リリース予定の新作コンテンツ「OZ on VRoid」

役立ちアプリ・ソフト
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは 

皆さんは「サマーウォーズ」というアニメ映画を知っていますか?

今回はサマーウォーズに登場するOZというシステムを再現したコンテンツが登場するというニュースをみて、ワクワクが止まらず記事にしてしまいました!

サマーウォーズとは

主人公はちょっと弱気で人付き合いも苦手な、17才の理系少年。
高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。

二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。

栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。

栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。

そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…

翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!

映画「サマーウォーズ」公式サイト

監督は、

  • 「時をかける少女」
  • 「おおかみこどもの雨と雪」
  • 「バケモノの子」
  • 「未来のミライ」

などを手がけた細田守監督。

知っている方も多いのでは?

私、細田守監督が大好きなのですがその作品で初めて見たのが「サマーウォーズ」でした

サマーウォーズは今年で公開10周年

くま
くま

おめでとうございます

まだ見ていないという方は、ぜひご覧ください!

今回発表されたアプリについて

サマーウォーズを見て、仮想空間上を自由に動き回りコミュニケーションをとれる「OZ」に憧れた人は多いのではないでしょうか

くま
くま

俺はめっちゃやりたくなった

映画の中にも本当に人それぞれなユニークなアバターやかっこいいアバターが出てきて、とても楽しそうで

いつか現実にならないかなぁと思ったことを覚えています

今回それを再現するコンテンツが出るというのです!

 

今回発表されたのは「OZ on VRoid

株式会社ピクシブが開発しています

この夏、ぼくらのOZが現実に。OZ on VRoid 2019年7月公開

公式サイトはこちら

この夏、ぼくらのOZが現実に。 OZ on VRoid ついにリリース!
仮想世界・“OZ”。 それは10年前のあの夏、ぼくらが夢みた「未来」の世界でした。 誰もが思い思いの「アバター」を身にまとい、自由にコミュニケーションを楽しむ世界。 ついにこの夏10年の時を経て、現実になります。 SUMMER WARS OZ on VRoid powered by pixiv

仮想世界・“OZ”。
それは10年前のあの夏、ぼくらが夢みた「未来」の世界でした。

誰もが思い思いの「アバター」を身にまとい、自由にコミュニケーションを楽しむ世界。

ついにこの夏10年の時を経て、現実になります。

この夏、ぼくらのOZが現実に OZ on VRoid 公式サイト
くま
くま

あのOZが、、現実になるんですか?!

ワクワクが止まりません

概要

今わかっている情報や推測をまとめます

2019年7月リリース予定

VRoidを使う?

VRoidとはピクシブが提供する人型3Dモデル作成ソフトらしい

VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるWindows・Mac用アプリケーションで、どなたでも無償で利用可能になります。作成した3Dモデルは、3Dアプリケーションで利用可能なファイルにエクスポートすることができます。リリース時にはVRM形式でのエクスポートに対応するほか、今後他のファイル形式でのエクスポートもサポートしていきます。
VRoid Studioでキャラクターを1人作成すれば、そのキャラクターをVRMに対応したさまざまなVR/ARプラットフォーム上でアバターとして利用することができます。

VRoid Studio
VRoid
VRoidプロジェクトでは「3Dという新しい創作に挑戦することを、テクノロジーの力で応援する」をコンセプトに、3DCGアニメやゲーム、VR/ARプラットフォーム上で利用可能な3Dモデルを簡単に作成できる無料キャラメイカー「VRoid Studio」、3Dキャラの共有・公開プラットフォーム「VRoid Hub」、3Dキャ...
VRoid Studio – the first 3D character design software for illustrators

私自身このサービスを知らなかったのですが、とても便利です!

VTuberを始め、これからのVR,AR開発者の大きな助けになりますね

これを使用することで、自分で作ったオリジナルのモデルをアバターにできるということなのでしょうか

ゲームなどのプレイヤーの見た目作りに数時間かける私にとってはうれしい悲鳴。。

コミュニケーションが取れる

公式サイトでは、コミュニケーションが取れると明記してあります

また、youtubeの動画から、OZ内をアバターで移動しています

MMOのような操作感で、仮想的に会議や話ができるのでしょうか

また、映画で出てきた吹き出しのSNSのような面もあるのか期待してしまいます

デバイスは?

デバイスは明記されていませんが、VRoidでのモデル作成はPCでやってその後はスマートフォンでできるのでは無いかと予想します

3Dモデルの表示や通信などで動作が重くなりそうなので、そこが少し心配。

まとめ

OZ on VRoid について今わかっていることを紹介いたしました!

リリースされた後は実際に使ってみてまた報告したいと思っています!

皆さんもこれらのニュース、要チェックです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました