確定申告の悩みとおさらば!無料で始められる会計ソフト【freee】

役立ちアプリ・ソフト
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

不動産や株、ブログなど個人でお金を稼いでいる人にとって、確定申告はとてもめんどうで難しい作業ですよね。

今回はそんな悩みを解消してくれる、確定申告などの会計業務に便利なツール紹介!

確定申告のやり方がわからなくても簡単な操作で書類を作成できる【会計ソフトfreee】の紹介です!

ソフトと名前がついていますが、アプリ版もあるのでスマホでの操作も可能。

こんなに便利で無料で始められる会計ソフト、試してみてはいかがですか?

この記事でわかること

確定申告などに便利な会計ソフトfreeeとは

会計ソフトfreeeの始め方

会計ソフトfreeeでできること

会計ソフトfreeeでは確定申告をはじめ、会計業務全般を簡単に処理することが可能。

スマホ版の画面は次のようになっています。

確定申告では特に

  • 確定申告書類の作成
  • 確定申告の電子ファイルの提出(電子申告)
  • 領収書の写真読み取りとデータ化
  • カード・口座とのリアルタイム連携

等の機能が便利です。

確定申告書類の作成

確定申告の書類を始めて作る方や、やり方がわからないという人でも大丈夫。

会計ソフトfreeeでは利用者に対する質問方式で確定申告をサポート

支出などを入力していくだけで作成できるので、簡単に確定申告の書類を作成することができるんです。

会計ソフトfreeeは不動産・株・FXなど多種多様な申告に対応。

クラウドソフトなのでインターネット経由で最新の税率が常に反映されます。

確定申告の書類を電子ファイルで提出(電子申告)

作った確定申告の書類は、自宅から簡単に電子ファイルで提出。

2020年からは電子ファイルで提出すると控除が適用されるので、お値段もお得になっちゃいます。

もちろん印刷にも対応しています。

写真読み取りでの領収書のデータ化

レシートや領収書の写真を撮ることで、簡単にデータに反映させることができます。

少しの操作で日々の支出を記録していくことができるので、確定申告の際にあわてて入力する必要はありません。

もちろん取引を直接登録することも可能です。

カード・口座とのリアルタイム連携

会計ソフトfreeeに口座を登録することで、残高や支出をリアルタイムで連携することが可能。

どのカード・口座でいくらどこから入ったか、いつ使ったかもわかります。

対応している口座はほぼすべて。メジャーな金融機関ならば100%対応しているといってもいいでしょう。

上に挙げた特徴は特に個人での確定申告の利用について考えた場合。

今回は確定申告というポイントに着目して紹介しますが、会計ソフトfreeeでは確定申告の他にも多くの機能があります。

例えば資産運用している方は、次のようなレポートをみることができます。

また、従業員への給与をサポートしたり法人での支出を管理するためのバージョンも充実。

(今回は個人利用バージョンの紹介)

料金プラン

現在(2020年1月)の料金プランは上記画像のように3つ。

  • スターター
  • スタンダード
  • プレミアム

スターターでも十分に利用することができ、よりサポートや機能面で便利に使いたいというときはスタンダードやプレミアムが推奨。

まずはスターターで使い方などを試してみるのが良いでしょう。

30日間無料で確定申告にも対応

会計ソフトfreeeではどのプランでも、始めた方は最初の30日間無料で利用ができます。

どんなソフトなのか試すにはもってこいで、万が一合わなければ解約すれば大丈夫。

便利そうだなと感じた人は無料期間を利用して体験してみることをおすすめします。

無料申し込みはこちら

まとめ

確定申告のやり方がわからなくても、万全のサポートと機能で利用者を助けてくれる【会計ソフトfreee】について紹介しました。

実は、会計ソフトfreeeは実績も豊富。

シェアNo.1、利用者数100万人を突破した信頼性に厚いソフトなんです。

公式サイトではこのようなより詳しい情報が見られるので、気になった方はぜひチェックを。

無料で始められるこの機会に、ソフトを使って会計作業を効率化してみてはいかがでしょうか

会計ソフトfreee公式サイト

以上、会計ソフトfreeeの紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました